「仇打ち、生きてるうちに仇打ち!」

どうしたらいいのかわからないまま彼は駆け出した。
今この瞬間を衝動的にじゃない、30年も生きていて衝動は常にあった。
その衝動が理性に追いつかれて何もできなくなっていただけだ。

30年積もり積もった衝動が連れて行った先は、
どこにも居場所をなくした難民たちの避難所だった。

そこで彼は、理想を見つけ、夢を見つけ、過去を外から見た。
それは、未来を外から見る行為だった。

僕たちは日本人。生まれてからも死んでからも、どうしようもない。




脚本・演出:服部紘二/出演:服部紘二、小島有紀子、神谷亜美、升ノゾミ、粕谷佳五、キジマチカ、澤井俊輝(StudioLife)、民本しょうこ、林竜三、岩田葵、音咲柚乃、鈴木雄太、鍋島久美子、野村能由
【STAFF】舞台監督:西廣奏 照明:千田実(CHIDA OFFICE) 音響:井上直裕(atSound) 宣伝美術:小島有紀子 映像:服部紘二 衣装:ハイバネカナタ 制作協力:池田智哉(feblabo) 製作:『口から麻薬を吐く男1/195』製作委員会
/日程:2015年12月23日(水)〜28日(月)/劇場:OFF・OFFシアター(下北沢)/上演時間:約2時間(予定)/チケット発売日:2015年11月14日(土)10:00〜/協力:株式会社ドルチェスター、太田プロダクション、StudioLife、黒色綺譚カナリア派