ハイバネカナタ『ドロップイン・ヘブン』稽古場日誌

ハイバネカナタ第十五回公演 『ドロップイン・ヘブン』
2017年1月18日(水)〜22日(日) 劇場:シアター711(下北沢)
公演特設サイト:http://haibanekanata.com/dropinheaven/
チケット予約:https://www.quartet-online.net/ticket/dropinheaven


一年ぶりの本公演でございます!
でもすぐにはお会い出来ないので、それまではこちらの稽古場日記で
雰囲気を楽しんでください!
そして2017年正月早々ぜひ劇場でお会いしましょうー!

クリスマスイブです。

あ、はい僕です。
はいぼくですって打ったら、敗北ですって変換されて地獄かと思いました。
メリークリスマス。

メリークリスマスとか言ってる場合じゃなくて、
必死に朝の4時とか5時とかまで本書いてて、
とりあえず人間として寝ようと思うまで本書いてて、
そしたら大体体調が変になってるですよ。

別に寝てないから偉い訳じゃないですけど、
それでも必死に日誌を書いてるのは偉いと俺は思うので、
俺は偉いです。
なぜなら俺は借金を作らないからです。

稽古場日誌は次の稽古までには意地でもUP!
逆に忘れたら、もう俺はおかしくなっている時期!そう思ってくれと。
ね、だから、いっぺんに3回も書いたりしなくて俺は良いのです。
偉いから。
誰がいっぺんに書いてるとは言わないけど、
俺は偉いからそんな事にはならないのです。
ね!ね!

うひょひょひょひょ。

今回はなんかいつもとは趣がちがう台本になっているのです。
おもむき。
趣。
ビッカビカはしてんですけど、意味わかんない事もいっぱいですけど、
僕はとってもお話だなぁと思ったりしています。
なんていうか、感覚的であるのにすごく肉欲的というか。
そんな訳で芝居中の選曲もすごく違う感覚です。
その辺も楽しんでいただけたらいいなと。

あー、早く完成させて、気になってるところを直したい。
もっともっと良くしていきたいとすごく思っております。
最後まで粘りまくります。今回もきっと。

写真は既に粘り気の出ている前田先生とキジマ先生。
いいですよいいですよ。
キャラ祭りです。
楽しいけど、本が上がるのが遅くて申し訳ない気持ちの服部でした。
Date: 2016/12/24(土)
記入者服部紘二


前田です。

ハイバネカナタさんの稽古場、服部さん選曲によるなんかいい感じの音楽が流れています。
なにかのサウンドトラックなんだろか、とにかくなんかいい感じの音楽なのであります。

そんである時「なにかリクエストありますかー」と服部さんぼくに。

考える。

これから稽古が始まる大事な時間帯、ハイバネカナタさんぽい、ワッていう、なんかにぎやかな曲にしたい。

となればやっぱりジャクソンファイブでしょう。
これ以上ににぎやかな音楽などほかにあるか、間違いないでしょうと提案。

するとさすが、服部さんお持ちであっていざプレイ、ジャクソンたち稽古場で歌う。

そのまま稽古は開始、まずは日誌の担当を決めようこの日はカードゲームで。

スタート。
みんなで輪になり、
ワーワー言いながら、
ジャクソンファイブ聴きながら、
カードゲームをするでしょう。

するとなんというか、とても素敵な時間に、そして妙に甘酸っぱい気持ちになる不思議。
『アイルビーゼァ』なんか流れるともうそれが加速、
「おれたちそれぞれ色々あったけどさぁ、今こうしてみんなで楽しくカードゲームなんてやってるってさぁ、なーんか笑っちゃうよねぇ…」みたいな錯覚、を感じ、
つって感じていたらば負けてましたぼくは。

おお恐るべしジャクソンファイブ。

そんなある日の稽古場でありました。

お写真は升氏の撮影。
左のお尻はぼくなのですが、中央部はエービーシー!って歌い出さんばかりのワッていうにぎやかな様子じゃありませんか。クマさんこと大熊さんの紅が最高のメインカラーであって。

以上、次はなにをリクエストしようかと楽しむ前田でございました。
Date: 2016/12/24(土)


前田です。

「キャス」。

先日の稽古場で服部さん、小島望さんのことをキャサリンじゃなくキャシーでもなくそう呼んでいたことに新たな戸惑いを感じました前田です。

お写真、ブレております。

この日わたくし携帯電話うちにうっかり忘れて来ちまいまして、でそんな日にゲームで負けて日誌の担当、まがり氏にお願いスマートフォンお借りして撮影は前回の記事に引き続いて竜三さん目線、での稽古場、ボタン押した際のピロンていう音が耳元で鳴り竜三先輩は直後うわぁて耳抑える。すみません。

でその画像、のちほどまがり氏にラインにて送ってもらったもののあらためて確認したらこりゃ紛れもなくただの部屋、机、白い壁、そしてぼわっとした成田汐里さんのお姿、やぁこの出来は竜三先輩、成田さん、そして日誌を楽しみにしている皆さまに申し訳ない、とてもじゃないがお見せできない。ていうか先輩はいったいなにを見ておられたのか。そんなこと思いつつ、まがり氏お借りしましたスマートフォン有効活用できずごめんなさいと。実はまがり氏も「ほんとこれで大丈夫?」と心配して下さっていてごもっとも、大丈夫じゃあない。
や、しかしながら日誌は書かにゃならぬのですみません。このお写真、使わせていただきます。なにしろこのあと日誌、二回分書く義務がありまして。二回分のゲームの負けがありまして。

ところでこちら、成田汐里さんと竜三先輩は以前に共演されていたっていうお話、「しおりん」「りゅうちゃん」と呼び合う仲、いつだったかの飲み会の場でぼくが聞く「竜三さん、もしウェーイ!っていうやつが、ウェーイ竜ちゃん!共演よろしくねウェーイ!肩ガシッ!っていう初対面の俳優さんが居たらどうしますか?」っていう質問、先輩静かにグーにした手を上げ「こう」とこたえられました。笑いました。ああ楽しかった。絶対そんなことしないでしょって笑いました。

そんでこの前、わたくし先輩の代役をさせていただいて戸惑い。よよよ。この突拍子もないセリフをどう発するのか竜三さんっていうのがとても楽しみな稽古場なのでありました前田でした。
Date: 2016/12/24(土)


何日か前〜

なんですかね。
本当に同じ人がよく当たるんですよ。
稽古日誌当番。

稽古前のアップで決めるのですが、
ゲームの弱さ関係なくて、
完全に運のはずなんですけどね。
すごい差がある四回書いてる人もいるのに、
未だに一回も書いてない人もいるという(笑)

私ですか?2回目です!
まだ全然なのに滞納してますキジマです!

というわけで滞納分の2日ほど前の話。
浦田大地さんが稽古本格合流!
いっぱい動いてました(笑)。
すごいー。

くそどんくさい、という、
本人も納得の通り名があるほどの私は、
ただただ羨望の眼差しを向けるのみでありますよ。

舞台セットの説明をしている服部さんと
説明を受けている浦田さんが
合わせたようなTシャツだったので
黙って撮りましたが、
2人ともまるで反応しなかったので、
後ろ向きのままで二枚。

なんでしょうか…。
次からはもうちょっとタイミングを見計らって…あれ?
あたしこないだの日誌もそんなこと言っていた(゜Д゜)

ええときっと見計らえないので、
微妙な写真を量産していきますね。
それはそれで面白くないですか?
こ、乞うご期待(>_<)
Date: 2016/12/21(水)
記入者キジマチカ


いやいや、まじでいやいや。

いや、今日はね、小島望嬢もゲームやられてましたしね、
そうなったら今日は小島望嬢で良いじゃないかと。
いやいやいや、キャサリン嬢で良いじゃないかと。

なーぜ、僕なのだ。
忙しいってんだ。始まりましたよ。毎度ですけども。
本当に睡眠も削って色々削って本を書いてんですけどね。
それにも関わらず僕に日誌を書けっていうこの仕打ち。
なんなら今日はね、ゲームにも勝ったんですよ。なのに!
くそうぅー。

本の方はね、まだぐををーとやりながら書いております。
今更ねいうまでもなく、必死に面白いものをね
作りたいと思ってやってんですけどね。
なのにこの仕打ち。日誌って、いや、良いんですけどね。

そんでもって、なんか色々細かいところを作っております。
細かいところを作ってるつもりですけど、
僕と小島有紀子先生のシーンは大雑把になっております。
みんなどんな気持ちで見てるんでしょうか。
とりあえず、写真の二人ははにかんでますね。

なぜかわからないですけど、写真見てたら
中世の騎士のお話を書きたくなりました。
完全に現実逃避です。
現実逃避をしたいほどの状況。
なのにこの仕打ち。日誌って、いや、良いんですけどね。

今日は僕の緑パートナー前田先生も日誌当番です。
はっきり言っておきます。彼も日誌当番です。
主役と作演が今日の日誌当番です。
ばかやろー!
日誌書いてる時間すらもったいない!
モッタイナーイ!

はぁ、一度泥のように眠りたい服部でした。
Date: 2016/12/20(火)
記入者服部紘二


初めまして!
こんばんは!
お初にお目にかかります、浦田大地(ウラタダイチ)です。
ハイバネカナタは『マトリョーシカ、その用法』でお世話になりまして、今回は2回目の出演になります。
そうなると初めまして!ではないですね。まあいいか。

実は今日(12/19)から稽古本格合流なのですが、そんな日に見事に日誌担当です。
よろしくお願いいたします。

というわけで、稽古稽古稽古!
ガシガシ立ち稽古で動き回ってます。
今回も面白く頼もしい先輩方に囲まれ、既に楽しい稽古場です。ふふ。

ささ、あと1ヶ月!切りました!わあ!
こんなテンションで劇場でおまちしておりまっす!

(肝心の稽古場写真を取り忘れました。次回は必ず、、、、)


ではでは!
浦田大地でした!
Date: 2016/12/20(火)
記入者ウラタダイチ


2016/12/18(日)

…三度目です…まがりです。
登場しすぎです。
出演者は12人いるはずなのに!

稽古場に水筒持ってってるんですけど、仲間を発見しました。
左から、成田汐里嬢、升ノゾミ嬢、まがり。
中身は、緑茶、緑茶、ハーブティー。
まがりのはもう4〜5年使ってる水筒なのでフタとかボッコボコです。
でも中身は一番女子っぽいですふふ。

写真撮ろうとしたら、升ノゾミ嬢が背景を買って出てくれました。
本公演のチラシですよ。

しばらく稽古場日誌から離れたいまがりでした。

記入者眞賀里


ハイバネカナタ初参加!

の!
大熊誠一郎です。

カリバネボタンという劇団からやってまいりました。

ハイバネカナタ
カリバネボタン

響きが似てるね
バネが一緒だね
こういうのも何かの縁だよね

そんなこんなで本日も楽しい稽古でございました。

今回、大熊の役は
執事さん!
黒くない執事さんでございます。
執事ってどんなだろう?
と考えながら執事を演じてみたら
良い声キャラの称号をいただきました。
今回の大熊はイケボです。

舞台と酒で鍛え上げた声をお届けします。
声にさらに磨きをかけるべく、たゆまぬ努力(お酒)を怠らないわたくしねございます。
いただきます!

またね!

大熊誠一郎
Date: 2016/12/17(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

ハイバネカナタ HP
『ドロップイン・ヘブン』特設サイト
004000
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70